クレジット現金化における手数料の内訳を知ろう

クレジット現金化を利用している人であれば還元率について気にする人は多いですが、手数料のことまで気にしている人はいるでしょうか。還元率が86%の業者であれば残りの14%は業者側に入るわけで、さらに手数料までかかるとなると支払う割合のほうがさらに高くなります。クレジット現金化における手数料にはどういうものがあるのでしょうか。それを知っていることで上手な業者選びにつながってきます。

手数料の種類をあらかじめ知っておくといい

手数料がかかるかどうかは業者によっても異なっていき、手数料がかからないというようなところもあります。還元率以外にかかるお金としてどういうものがあるのかについてはよく尋ねておいたほうがいいです。不要な手数料が取られているかをはっきりさせるために、申込む前にいくら振り込まれるのかということを計算しておくといいです。そこで計算と一致しないのならば何かが引かれているわけですから、その内訳を聞いておきます。

手数料としては送金手数料(振込手数料)や商品を発送する送料、クレジット手数料、消費税、審査にかかる費用などがあります。この手数料に納得いくかどうかも業者を選ぶための決め手になったりもします。

手数料が請求されるかどうかを確認する

還元率で差し引かれる金額のほかに手数料がかかるかどうかは業者によっても違ってきますので、手数料が請求されるかどうかをしっかりと確認しておきましょう。あまりにも手数料が多かったら悪徳業者と言ってもいいでしょう。